最近の開発事情

色々あって心機一転。最近環境をガラッと変えました。

まずソースコード管理をgitolite-adminからBitbucketに変えました。
プロジェクト管理はredmineでやっていたけど、ソースコードがBitbucketにあるので、色々工夫してチケット連動とかしてみました。
んで、開発用にvagrant boxを作るのはやめて、El CapitanのApache使ったり、直接Ruby2.3インストール。
前より色々捗った感じ。

コミュニティは流行りのqiitaのアカウント取ってそっちで投稿していこうと思います。
http://qiita.com/mana-bin
このブログのエントリーも徐々にqiitaに移行していこうと思います。

angularJSで入れ子にした時の$indexの挙動

StackOverFlowで見つけました。

<li ng-repeat="thing in things" ng-init="parentIndex = $index">
    {{ $index }}
    <ul>
        <li ng-repeat="value in thing.values">
            {{ value }}
            {{ $index }} <!-- 入れ子の $index -->
            {{ $parent.$index }} <!-- 親の $index -->
            {{ parentIndex }} <!-- これも親の $index -->
            {{ $parent.$parent.$index }} <!-- 引数にするときの親はなぜかこれだった? -->
        </li>
    </ul>
</li>

Railsで既存DBからmigration作ったり肥大化したmigrationファイルをまとめる

別のFrameworkで作られているサービスをRailsに落としこんだり、
migrationファイルをいじりすぎて整合性が取れなくなった時に便利です。

まずは予め開発用DBにつなげておく。
この例ではMySQLでこれを正とする。

development:
  adapter: mysql2
  database: test
  host: "localhost"
  username: test
  password: "test"
  encoding: utf8
  port: 3306   

でそのDBからスキーマを落としこむ

rake db:schema:dump

これで現在のスキーマがschema.rbに反映される

次にマイグレーションファイルの作成

rails g migration create_tables

さっき作成した
schema.rbの中身をコピペ。
過去に作成したmigrationは削除

荘子のからくり心(機心)という話

中国の思想家、荘子の教えが面白かったのでメモ。

ある爺さんが井戸の中に入って水を汲んで、繰り返し上に運んでる。
通りすがった男がそれを見て、「滑車を使えば便利で効率がいい」と諭す。
爺さんは、からくりを使うと「純白の心が失われ、純白の心が失われると、心は安らぎを失ってしまう。心が安定しなくなると、人の道を踏み外してしまう」と返す。

この話は比喩っぽいけど、からくりを使うとからくりに心を奪われて、本来の道をそれてしまうということ。

現代の例で言うと

SNSで儲けようとか、ブログで儲けようとか、YouTuberになろうとか、コピペでバイラルメディア作ろうとか、スクレイピングでウェブサービス作ろうとか。。。

不純な動機に動かされて自分がやるべきことを見失うと、失敗するし長続きしないんですよねぇ。

素直に努力したほうが実は効率よくて、喜びも大きいですよっと。